ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

カタンの話をなんとなく

最近どうして運が悪いと錯覚するのか考えいました

「運がいいゲームは勝てるから」

これは大きいと思います

3,4,5,6,8,9,10,11という配置を考えます
このうち6,8×3の初期配置はリセットなので考えられるベスト配置は6,8×2+3,4,5,9,10,11

6,8(6,6/8,8)隣接の場合もう一つの接点には置けないので6,8が一直線の場合1人、6,8が3つ並んだ場合2人、6,8が2つの場合3人が6,8+3,4,5,9,10,11×2という配置が基準になります

言い換えると順に7,6,5箇所の初期地が6,8+3,4,5,9,10,11×2以下になります

3,4,5,9,10,11周りに5〜7個置き始める 2つ以上のタイルが接する状態の開拓地は35個が上限で33個が下限

約1/6が埋まるとして3,4,5,9,10,11の組み合わせは12C2=77なので77/6≒12枚
1/12で3,4,5,9,10,11×2を取得する、自分が1つ目に数字nを取るとし、他プレイヤーが4個の開拓地を置く時51.7%で数字が被る

広く取るプレイヤーで4、狭く取るプレイヤーで2つは被りそうです


今やった計算は適当なので忘れるとして、他のプレイヤーと数字が被る可能性が非常に高いゲームということは分かると思います

2〜12までの数字を取り合うので当たり前に感じます、実際当たり前だと思います


ゲームを進めて行くと運の良さは平等ではなくなります 1つの数字につき6箇所までという事は必ず2つの開拓地からは資材が取れないからです

4つの開拓地から資材が取れない、4回ダイスを振ってみんなが行動するのではなく、1回ダイスを振って行動するのを4回するので確率は平等になれません

3つ目の開拓地を誰かが置きました
この時初期配置で取らず残っていることが多そうな3,4,10,11の接点に置いたとします
期待値はそれぞれ2,3,3,2
3,11+4,10×2のとき8
3,11×2+4,10のとき7

「6,8の期待値は5」

都市を誰かが置きました
初期配置で6,8+3,4,5,9,10,11×2のときの期待値は5+4,5,6,7,8 平均11

「6,8の期待値は5」


6,8から資材が取れないという話はよく聞きますが最初に確率が偏って行動された瞬間に6,8以上の確率を他のプレイヤーが得ていることになります

ここから最初に少し書いた他のプレイヤーと同じ数字を持っているということに戻ります

都市化を先にされた場合被ってる数字は1ダイス分差が付きます
1サイクルでダイス4回なので、2回都市化された資材を出された時、そのターンでは追い抜けないことになります

このゲームで序盤負けたときやるべき行動は自分だけ勝てる可能性のある数字を作っておく事だと思います

上位プレイヤーはポイントが高く、それは開拓地や都市が多いということなので期待値が自動的に自分より高くなっています

この状態で同じ数字を取っていっても平衡状態が続きます 元々得点負けしてるので勝てません


序盤確かに数字の出が悪いときがあります、そこから普通にプレーして行った時、「もうこの数字出ても遅い」という言葉をよく聞きます

逆に言えば数字が出ているのに、展開負けして勝ち筋を見出せないまたは上位プレイヤーも同時に資源を得られるとき自分に対するアドバンテージがないので資源を取れていることを認識できません

「資源が取れない」は実際のところ「取っても勝てない」と言えそうです



勝てる対戦は序盤の展開が進むので後半運が悪いと感じない、その一方で負けた対戦は序盤の展開が遅いので後半運が悪いと感じるゲームかなと思います


序盤の展開に勝ったらそのまま勝てる、その勝ちを何度か味わっている反動で展開負けしたとき確率に原因を押し付けて思考を放棄してしまう 展開勝ってそのまま勝つだけのプレイング、無意識にそういうゲームだと理解して行動しているのであれば負けた試合はすべて運が悪いことになってしまう
そして勝った対戦は運がよかったということなのにそこに気づいてなくて、勝つ為にはそれが当たり前で確率が向いていないといけないと錯覚しているんだと思いました


僕が言いたいことは運負け主張をするなと言うことではなくて、思考放棄はゲームに影響を大きく及ぼすからやめてほしいと言うことです


運が悪いから負けるのではなくて、基本的に勝っている状況では運がいい 自分以外のプレイヤーが3人ということを考えれば運がいい方が少ないと分かります
負け始めたとき、運が悪いし勝てる訳ないと放棄してしまうと勝ってる側のプレイヤーは素直に喜べません
負けてる時放棄するなら勝ってる時放棄されてください

負けているゲームを放棄しているなら、運が良かった対戦しかカタンを楽しめていません


確率を確率で片付けないような考えを持っている理由は誰か1人が勝ってる時、また誰か1人が放棄してる気まずく、素直に楽しめないからかも知れません

本当は、このゲームが確率依存でそれ以上の何物でもないことに気づいています





熱があるからか言いたいことが全く纏まらない
多分ゲームを純粋に楽しみたいんだと思います




今日のカタンは4ポイントしか取れなかったけど、周りが9,9,10だったけど、楽しかった