読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pokerikadaiと25km歩いた話

集合時間:9時50分

深夜2時僕「孵化が終わった」
深夜3時僕「レートレート〜」



8時に家を出発 ウイダーinゼリー2つ買いそのまま飲んで到着

10時スタート ポケモンGOを起動する
11時10kmのタマゴが割れる(もともと6kmくらい溜まってた) この時点で既に飽きる

何故か寺巡りが始まり2回目の寺では清めるなど、本来の目的を完全に忘れ日本文化を楽しむ会と化す


セブンイレブンに着くたびにアイスを購入 合計4回ガリガリ君を食べた 僕はセナさんの影響で4回ともソーダ味を選んだ

人生で初めてアイスに心から感動した 死ぬほど美味しかったし家で食べるのもいいけどこうやって食べると価値が500円くらいに感じる


また、飲み物も逐一購入したが、500mlペットボトルは直射日光ですべて熱湯に変わることに気づいたときには15kmを過ぎていたので結果的にカバンの中に飲めなくなった熱湯がいくつも残されることに 途中から値段を気にせず缶のジュースを自販機で買っていた


後半、道なき道は道じゃない!といった道を歩くことになり死を覚悟する 割とネタに出来ない酷さだった 途中まで歩いたが、そもそも僕は高いところが苦手であることを忘れていた為に気づいたとき一人で絶望していた

ここを超えて3km程進んだとき、途中参加のTXと前に28km歩ききっているむらなかを残し力尽きた バスに乗ってbluedustとレートをしていた

この散歩はポケモンGOをすることとゴール地点で焼肉を食べることが目的であった
が、沼なので金がなく今日は家に帰らないといけないからと焼肉を断ったbluedustと一緒に銭湯を探すことに


ちなみにこの後の出来事であるがbluedustはそのままタングス邸に遊びに行ったので、なんで焼肉を食べなかったのかは誰にも分からない



駅の近くで30分近くレートをしていたので遅れた

駅の周りにあるところが潰れてしまい銭湯がなく、バスを乗ればたどり着けるところに行くことにした
お釣りが出るシステムと勘違いし、200円のところ500円玉を入れたbluedustがどうなったのかは見なかったことにしておく

お風呂に入ったら気持ちいいのかと思ったが実際には日焼けしたところが痛すぎてなんなのか分からないまま身体が熱くなってしまい出てきた

同じ方向に歩き続けると人は片側だけが焼けてしまい、左半身のみが赤くなってしまった

銭湯で過去に話題だった水素水が売ってたので1度試してみないとなんも分からんやろと言って飲んでみた
炭酸水の炭酸が抜けた後の水みたいな味がして苦かった 歩いてるときなら美味しく飲めたのでそのとき欲しかった ほぼ同じ値段でコーヒー牛乳を選択したプレイヤーとのプレイングスキルの差を感じる

家の近くにあったらまた来たい施設だった Wi-Fi完備なので休日朝早くに来てレートでもして飽きたら風呂に入るサイクルをしたい、他にも施設がくっついてて楽しそう


焼肉組と合流し解散、こっちもこっちでまだまだ面白いことが起きていたが焼肉組もツイートを見る限りとても面白そうだし、そもそも普通に焼肉が食いたい




そもそも僕は何の為に歩いたのか?
1.ポケモンGO
すぐにiPhoneを持っているのが面倒になる→孵化専用機としてカバンに入れていたがバッテリーが足らない→バッテリー充電しながらポケモンGOをする→めっちゃくちゃ熱くなってバッテリーに悪影響がありそう→やめた

2.焼肉
食ってない

3.地元に帰るとき少し距離が稼げて交通費の節約


ここで計算をしてみよう(^。^)

440 ウイダーinゼリー ×2
300 ガリガリ君 ×4
140 ポカリスエット
150 アクエリアス
100 いろはす
110 サイダー
130 麦茶
400 バス
700 銭湯
100 水素水

=2570

ここまで来るまでに電車で800円くらいらしい
文明ってすごいんだなと思いました

帰りの電車の中で書いていて、何も食べていないことに気づいて余計にお腹が空きました

距離の問題で実家の方にそのまま帰りました



ラブライブサンサャイン6話が見れない 泣いた