読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐古厨

5thシングルを思い返してたら楽しくなってきたので順番めちゃくちゃに思いついたことを
思い返してるだけなので中身や伝えたいことは特にないです

ローブシンを始めとして役割関係が明白
クレセリアには居座れないしバンギラスは居座れない
居座ってもすることがないことが多いので交換読みも通しやすい バンギラスラティオスに対するれいとうパンチ
ここにとんぼがえりで展開を挟み込むゴツメハッサムまたはhdオッカハッサム

交換を読みやすいのでそういう行動が多く、違う受け方をされると対応が遅れる人も多いし僕もそうだった気がする
勝ち負けがどこで決まったか分かりやすいゲームなのかもしれない

そういった中にいる引くという行動を大きく抑圧するキノガッサ
カイリューに対してはねごと最速溶け、意地の場合タスキを消費されて2回殴られる(といってもがんぷうは少ない)、ポイヒが危険で逆にハメられる

オニゴーリに近い
対面ならSが勝ってる側が基本有利、ただし削りきる火力がないと速くてもただの起点
交代際にみがわりでゲームエンドに向かう

オニゴーリはこれしか出来ないのにキノガッサはいきなりタスキアタッカーになる
こんなのが環境に大量発生なのでいつ対戦をしても落ち着かない


ラティオスvsバンギラス
メガネラティオスなみのり×2とかみくだく、おいうち
壁リフレクみやげハッサム展開に対応できる裏でバンギラスを投げているのかどうか

最速、めざ炎、壁、スカーフ、メガネ、ジュエル、ラム
中身がいろいろ ゲッコウガかな?


ラムめざ飛カバルドンvsキノガッサ
このポケモンの登場でカバルドンに対してキノコのほうしから入るのは安定でなくなった 実際の強さよりもこれが大事でカバルドン側は交換をしやすい

でもポイヒガッサならめざ飛を耐える
キノコのほうしが安定だね!


スカーフパルシェンだっしゅつトノ
これは強い、だったらスカーフ霊獣ボルトロス
こいつもめざ飛を持つ不思議なゲーム、関係ないがロトムもたまに持っていた

グドラのメガネはなみのり2発でバンギラスを処理する手段、ジュエルおいうちもハチマキも怖くない
ってガブリアスを出されてみがわりを貼られました〜><

ボルトロスの生存が必要、81%でしか勝てない


雨といえばナットレイナットレイといえばhybridキノガッサ

革命だと思う たべのこしキノガッサは言葉が出ない
ただ、レートで当たる分にはhybridキノガッサは弱かった(ポイヒでいいやつばかり)

ナットレイならば偽装害悪、ナットレイ+シャンデラ(+ロトムorラティオス)は要注意
麻痺を巻いてちいさくなる!ってピクシーじゃないですか〜

シャンデラののろいは未だに疑問 僕はめざ格派閥です


鋼繋がりでハッサム
ハッサムはAS珠のでんこうせっかウルガモスを確定2
今からやるならHBメガネガモスが・・・ねごと持ってそう!

当時そんなポケモンはいない?いや寝るガモス

寝るガモスにより耐久ポケモンは起点になる
そしてギガドレインを搭載する型も現れ型が固定されやすい5での特徴が出る枠になる


アクロハッサムもいた、もちろんシングルよりもダブルに
ダブルのハッサムはグロスとの差別化要素、いばるでラムを消化しローブシンとグロスを倒す

そしてハッサムシュバルゴに変更される時期が存在
シュバルゴは+2.25メガホーンウルガモスを確定 つまりむしのしらせジュエルorてだすけジュエル
みがわりシュバルゴでむしのしらせを発動しにいく姿を何度も見た


ダブルのボルトロスはHDも、ジュエルりゅうせいぐんを耐える
シングルにもメガネりゅうせいぐんを耐えるボルトロスが存在
またシングルのHDはボルトメタモンのいばるみがわりイカサマが多数

それ以外だとわるだくみで受けループを崩す型など
みがわり搭載のときのボルト対面、10まんなのかでんじはケアのみがわりなのか、当時はボルト対面麻痺が可能


HDハッサムを考えるならhybrid?HADハッサムの登場も忘れることはできないかも

ハッサムからはラティ、またレート民スタンにも繋がっていく
レート民スタンのマンムーステルスロック
これを対策したジュエルにどけりテラキオンの対面
マンムーテラキオン対面は実質ガルガブ対面

テラキオンの仲間のコバルオンボルトチェンジコントロールで生きる道を見つける


ステロが重いのはノオーガブガモス
ノオーガブの中身はタスキスカーフでいいのか、それともノオーはHDなのか
ノオーがスカーフ、ガブリアスがジュエルor粉の逆利用型の可能性も

ノオーといえばサミトリ、五月雨トリパは初めて使って使いやすかった
パワープラス6をノオーにシュート!こおりのつぶては4倍

サミトリのラス1がサザンなのかどうなのか未だにわかってない()

レート民スタンはそのままローテにも採用可能、というよりもあのルールはハッサムカイリューガモスガッサパルシェンが強くそれにクレセドランやねがいことラティアス軸、おいかぜスイクンココドラ入りバンギラスといった構築が多かった印象 完全に主観


晴れもキュウコンがメガネを持ち開拓、ただしキュウコンがさいみんじゅつを持っていたことを僕らは忘れてはいけない

一方キュウコンクレセによる耐久ループをひっそり使ってたのでキュウコンはどくしば型が強かった

受けループ気味になるとメールハピナス、メールヤドランといった謎ポケモンも気になってくるところ
当時からフシギバナが採用されていたのが面白い、お前しんりょくだろ!

受けループのHDバンギラスは当時からかも知れない
ただし当時の受けループのバンギラスはスカーフが主流なのが怖いところ

受けループにスイクンが採用されていた
受けループから離れるがスイクンスイクン対策スイクンの存在、通称ブラックスイクン
零度スイクンというポケモンの存在をスイクンで対策したのは面白いと思った、自分も使っていた
60分なのでTODになりにくくPP枯らしが機能していた
色違いと赤いボールにしてとりあえず誤魔化しておくのは必須?
逆に相手に画面を見てもらってなかったら相手が変な択を見始まるのでそういう理由で通常色を使っていたこともあります 零度がないことの主張(こうするとサイクルを回してもらえるのでノイは通りやすい)

ここ辺りだと同時に採用されたメガネクレセリア、トリック+1枠補助技の2wメガネクレセリアなんてのもいた

クレセドランは当時の方が強かったのかも知れない 当時は当時で天候で崩しやすかったのが可哀想


眠いから中断