読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄冠ナイン 3年目夏

前回まで

1年目夏 都大会決勝敗退
1年目秋 都大会初戦敗退
2年目夏 都大会初戦敗退
2年目秋 都大会初戦敗退

夏の都大会1回戦


月曜日が直前にあり回避不能、そもそもお褒めの言葉が1枚しかないので諦めて試合に入ったらこの調子。


なんとかやりくりして入れ替えたメンバーがこれ。野手絵里がいないことが最大の不安。



ヤバい

初戦からこれでは先が思いやられます。



オートでも手動でも打たれまくり6点差、カットインで始まったのは海未。

「地方球場の魔物」

栄冠ナイン最強コマンドが2年生で引けました。急に行ける気がしてくる。


海未希がそれぞれ普通にツーベース、矢澤は内野ゴロトンネル。ここから連打は止まらなかった。











まさかまさかの13得点。ゲームセットの文字。
画像の右下に光ってるランプはEではなくHであることに感動する。

魔物なんていらなかったんだ!

といいたいところだけど、魔物によってシングルが外野に抜けてくれることが数回あり、お祭りによるチャンスAを全員が維持し続けることが出来たのがこの連打に繋がったんだと思います。

そして、今回お祭りの怖さを思い知りました。魔物も強いけどお祭りも相当やばいスキルなのかも知れないですね、過去作から持ってきた考えを変えるきっかけになりそうです。


スコア表示もおかしなことに。9Xってなんだ()

クマーは7失点で降板。エースの粘りに期待するも逆転されて急いで変えるプロ野球でもたまに見られる光景ですね。

というかクマーのムービングが強すぎて8回までほぼ操作回ってこなかったの辛かった・・・

都大会2回戦


投手絵里が絶好調ではなく穂乃果が普通なので基本メンバーでスタート。正直穂乃果は絶好調でないと怖い。


また持ってきてる。海未ちゃん取り憑かれてるの?

とは言え、この情報はかなりのプラスに。この大会は指定選手に海未をどれだけ選べるかも重要になってきそう。


矢澤のオートムランで1点。


フィルダースチョイスを久々に見れました。ランナー2塁内野ゴロで3塁送球でセーフです。

無死2,3塁で魔物を打つか本来は悩みますが、今回指定選手により7回以降確実に放てるので温存が間違いになりにくいです。


フォワボール+パスボール。セルフ魔物()

その後内野ゴロ等で1点加え3-0。

穂乃果が打たれ3-1。それでも手動操作時に絵里の守備範囲に助けられたので、これ以降も能力の高い絵里に投手を交代してその代わりにセカンドに凛を入れるのとどっちが守りで強くなるのか難しいところ。通常プレイでは悩まなかったことなのでこの遊び方結構面白いです。

でもキレ◯があるとは言え穂乃果は怖い・・・




頼れる2番打者。

その後もじわじわ攻め入る嫌な攻撃。強いチームの特徴です。


そして来た守備操作。

ホメごろすが複数枚あるのが優秀です・・・

あれ?

なんでキャッチャーの希ちゃん降ろしてるん・・・

能力から言ってもあり得ないような交代をされてとても悲しい


辻褄を合わせるようにこうしました。捕手穂乃果をどかすとかよちんになってしまいますし苦肉の策。セカンド絵里を降ろすのは打順からしても怖いのでせめて最終回の登板に。



呑気なことを言っていたら大変なことになりました。


急いで絵里を登板。希の外野は急造で完全に範囲が広がっていないので怖すぎる。


ヒット→パスボール。キャッチャーのんたん帰って来て;;


!?

こっちも魔物持ちだったのか、出さないと思っていたのでメインメンバーや投手変更で絡んでくる選手のスキルしか把握してなかったので嬉しい誤算。後で使うことになるかも知れません。

そんなこんなで2点は取ったものの攻撃終了。


事件は起きました

オート操作による代打ことりちゃん

いくらなんでもこれは酷すぎる。




8-5で勝利

でも、危なすぎた。ライトに飛んだ打球は殆ど追いつけないし、最後はメインポジションであるショート真姫とサードことりがなんとか拾ってくれた感じで他に飛んでたら終わってた可能性もあります。



外野◎の海未もエラー。捕球が足らないけど機材がなければグラウンドレベルも低いので捕球を上げてる余裕もない。

不安要素を得た2回戦でした。オート采配勘弁してくれ・・・

都大会3回戦


なんというベストタイミング。誕生日は設定で変更できないのでμ'sと一緒とは行きませんがこれはラッキー。


何もラッキーじゃなかった。引きが悪い。


投手絵里捕手穂乃果がノリノリの内に使っておきます。

能力が低い1年生の絶不調はかなり苦しいので凛の回復も必要だしお褒めが足らなすぎる。


ガチャに失敗。


一気に飛んで9回裏

7-0の7点ビハインド

希に代打希

カードがウチを呼んでいるんや!


繋ぐ繋ぐ
魔物に加え、揺さぶる、お祭りを使って爆発モード準備万端。
でもこういう時でもあっさり負けるのがこのゲームの怖いところ。



3ランホームラン

むしろチャンスAが消えるからまずい。次は絶不調凛なのに・・・


チャンスAがなくても凛センター前、花陽ショートゴロショート暴投。
この2人はバットに当たれば・・・という感じで見守るしかなかった。当たるかどうかの問題なのでこの辺りの信頼感が3年生と1年生の差を感じます。

ことり三振。やってくれた。


海未ライト前+ライトトンネル。追いついた。

でも、次の回が来たらもう全てのスキルと伝令を使い切ってるので押し負ける。この回しかない。
魔物で場を変えてくれたといっても投手希はミートパワーともにF。内野フライ落とさず。


2死ランナー2塁、4番矢澤。
いつもと違い絵里先発だとここに矢澤がいる。











7-8で勝利

苦しすぎた。相手はBランク。
負けを覚悟したのが8回のホームラン。未だに2年生のような能力の足りてない投手でどう抑えればいいのか分からない。何を選択しても打たれる印象しかない。



それでも、なんとかバトンが繋がりました。

都大会準々決勝


アイテム購入でお褒めを買い、ダメダメを全員救出。

今回は上に調子が振れてていい感じ。


スーパーエリーチカ

相手投手が絶好調かつドロップ7を所持しており全くバットに当たらない映像が続く。
そして穂乃果が想像以上に粘る。

5奪三振ながらなんとか最終回。


伝令フル活用で能力強化。
ここで投手絵里にバトンすることよりもセカンドが凛になる方が怖かった。





1-2で勝利
投手戦は心臓に悪い。
最終回の判断は完璧に当たっており、セカンド絵里1つ目のアウトをダイビングキャッチで取り、残りの打球も全て絵里が取り3アウトとなった。守備Bは偉大。
凛だったら抜けてたかもしれない。というか2つは抜けてた。


都大会準決勝


今年もDのままここまでこれた。せめて2年前のリベンジがしたいのでここで負けるわけにはいかない。


2点ビハインド 8回裏

内野ゴロ。1死1,3塁。

盗塁2,3塁、真姫の内野ゴロで1点。


6番矢澤。チャンスAが喉から手が出るほど欲しいのでお祭り起動。

三振。9回裏へ。






2-1で敗北
8回裏に攻め切れなかった。

この負けた後の虚無感がこのゲームらしいというかそんな気がしてくる。

また甲子園に出れなかった。ただ、今の1,2年生は強いので期待したい。

続く?