ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

思い込み

最近でもないけれどたまに思うこと。


目的は様々で、強くなりたいとかレートを上げたいとか楽しみたいとか選べるゲーム。僕は楽しいと思うゲームを楽しく遊んでいます。

楽しさの感覚にもよりますが、自分がしたいことをするだけではなく、例えば強いことを可視化したいというのもありますね。よく分からない強さが何かを求めてレートに潜るみたいな。

ある程度僕のことを知っている人なら今更だと思いますが、立場としてはレートそのものには価値を強くは感じていないというもの。強くはというのは大事なところで、シングルならば100刻みで強さに大きな差があるとは思うので一つ上の括りに入れたならば価値を感じそうです。

それでもレートそのものの価値を強く感じないというのは、強者になる為にレートを上げたくないというところから来ていると思います。レートをいくつにして、いろんな人にフォローしてもらいたいからポケモンをしている訳ではなく、強いパーティや選出を探してポケモンをしているだけなので他者に評価される必要が全くないからですね。もし他者に評価されることを目的にポケモンをしている人がいてもそれは悪いこととは思いませんが、話が合わないとも思います。




他者に評価される必要がないので、自分が納得できるパーティを作れればいいのですが、ここで思い込みの問題が発生します。

少なくとも机上では強いように見えてしまう場合が多すぎるということです。自分が納得することを目的とするとそもそも数字としてのレートの存在意義を失います。
それでもレートによって差があるのは明白なので、ここで自分が納得していたことは思い込みに過ぎないということです。なので強さを理解する為には必ず客観的に見れる指標を経由しないといけないです。

レートを上げる為には対戦数を最低限稼ぐ必要がある。しかし、ここで振れるタイミングを待っていると伸びることが分かっているレートをどうして上げなければいけないのかという疑問に囚われる。
こうなるとやっていて急に必要性を感じなくなってきます。理由は最初に書いた通り、目的は強いパーティや選出を探すことで、レートを上げることではないから。



この2つをループし、結局どうすればいいのかがたまに分からなくなります。むしろ素直にレートの数字だけと戦っていた方が健全に感じますね。レートを上げた方がいいのか、上げなくてもいいのかが分からない。そもそも対戦自体が面白いからいくらでも遊んでいたいけれど、強いパーティや選出を探す楽しさと対戦そのものの楽しさは違うのでそこは区別しないといけない。潜ることが楽しいならそれでいい、というのはもう一つの楽しさを追えてないのだから正しいとはいえない。

正直何が言いたいのかすらはっきりしていない程度には答えが見つからないので上手く纏められません。誰かに教えてほしいと思いました。




書く場所が見つからなかったので最後に付け足す形になりましたが、僕のなんちゃって総合レートは人と競うことが楽しいのでやっています。これだけは数字を意識しないとやる理由がないものになってしまうので、少しこの記事に書いたようなこととは変わってきてしまいます。

ルールによって立場が分かれているので全て纏めて、とは行かないのが書きにくかったです。