ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

パーティーパーティー!!!!

ミルキィホームズバースデーパーティーパーティー!!!!』
というライブに行ってました。中身を全て消し飛ばしてしまうくらい大きな発表があって、ミルキィホームズが解散になるんだって・・・

発表した後少し空いたけれどすぐに全員から拍手が送られていたのがとても温かく感じて、同時にゆったりと進められていたこのコンテンツが終わってしまうことが悲しかった。

「おばあちゃんになっても4人で話そう」と言っていたのを覚えている。そらまるまだ28歳だよ?





μ’sが解散すると言われたときは「ミルキィホームズも好きでよかった。μ’sだけ追ってる人は耐えれなさそう」と、ミルキィホームズでショックを軽減してもらい、今度はμ’sの影響でミルキィホームズが解散するのを受け入れる体制が無意識に整ってしまっている。人間の適応力はちょっと怖い。それかあまりにも現実離れしすぎてて何も実感できてないか。

それでもミルキィホームズはこれから先振り返るだけのものが残っていない。ここはμ’sと大きく違うことだと思う。






f:id:Talonflame_175:20180203234905j:plain

2019年2月で終わってしまうミルキィホームズラブライブよりも早く高校の頃からとても好きでずっと関わってきた作品。
僕の中でミルキィホームズラブライブの2つは特別なものだっただけに新しいものをそう簡単には見つけらない。1度パソコンを変えてiTunesのデータが飛んじゃったから本当の数はわからないけど、2014年からでもこれだけ好きだった。僕が何年も触れ続けた大切なものはたった3年間の間にどちらも終わりを遂げた。

それで少しだけ思った。今でもμ’sを振り返り続けているけど、一度解散という形を取られた後も続けていることはやめるタイミングがないかもしれない。
きっと死ぬまでラブライブのアニメを見て、曲を聴いて、ラジオを聴いて、sidや有志が作ってるssを読んでいくのかなと思うと寂しいような気もする。

ラブライブは大丈夫な気がしてるけど、ミルキィホームズはこれから先どんどん記憶が薄れていっていつか忘れてしまいそうなのが怖い。

なんで終わってしまうんだろう。