ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

研究室の選び方をちょっとだけ

とりあえず自分の研究室選びが終わったので意識していたところとかを覚えてるうちに。正解は一年後なので合ってるかは僕も分かりません。

1.教授の人柄(そこから来る先輩の顔色の良さ)

一番大事だと思う。講義で単位をくれるとかそういう基準だと生徒に関心がないパターンもあり、そういう研究室に入ると優秀な生徒以外はスケジュールで失敗しやすいかも。

もしも自分が困ったときにその人なら聞けるかどうかを基準にして、それが無理そうならやめた方がいいはず。そもそも話せると思った教授ならば、卒業などが危なくなる前に教授が気づいて助言を出してくれる傾向はあると思う。

それとこれはとあるプロ野球の監督が言われていたことだけど、「怒った時にその人の性格が出る」というのは頭に置いておいた方がいい気がしていて、どういう怒り方をするのかを見て合うか合わないか判断するのもいいと思う。こちらに答えを探させるタイプなのか、自分が絶対だと考えているタイプなのか、 別の方向なら理論的に考えることでヒューマンエラーを認められないタイプなのかとか。

先輩が教授のご機嫌を伺っているようなところは、何らかの原因で怒らせたくないということになる。自分も同じように教授の顔色を見て生活することになり兼ねないのでこういうところは無意味に精神が疲れるかも。

2.先輩の仲の良さ

これの基準は自分で決めないとダメかも。仲が良いほど自分に合うのかは「アットホームな雰囲気」という言葉で伝わってほしい。
僕の場合は時間を拘束し合う空間が好きではない反面、人と話したり交流を持つことは好きなので話したいときに話せる雰囲気を探していた。

研究室でやってくれる研究室紹介のときは教授やそれに携わる生徒の説明ではなく、紹介に参加していない後ろにいる院生が友達とどんな会話をしているかを見る。スマホ弄りながら雑に話していたり、隣り合って座っているけれどお互いに無言で別のことしていたりするとか。
これらを確認できたことで選択肢に入れた研究室が何個かあった。

3.卒業研究の発表人数

卒業研究を研究室から何人が発表しているかと、そもそもその研究室にはどの学年が何人いるのかを調べる。
もしもB4が10人いるはずなのに卒業研究が8人しか行われていないなら2人は卒業できていないことになる。

理由は各自が責任を持って研究に取り組む必要がある自由な研究室だったか、研究室に行くことができなくなってしまったか。
前者は自分の能力と照らし合わせることで大丈夫かどうか判断が付く。僕もそうだけどサポートが必要だと感じたら放任すぎるところは回避。
後者は人間関係(というより人との相性)などが原因になると思う。この記事の前半に書いたような内容なども合わせたいけど、こればかりは時間の経過で分かるところもあるので少し運が絡むかも。

4.修士課程への進学人数

研究室の居心地が良くても学部で就職する人はいても、研究室の居心地が悪くて修士に行く人はいない。
複数の学年を遡って調べて、年によって変動が大きいなら問題はなく、逆に毎年少ないならば少し考えた方がいい。

就職担当の教授がいるところならばアドバイスがしやすいので後回しにすることなく就職して卒業することにもなる。なので少ないから必ず良くないとかではなく、教授の考えと照らし合わせてみて噛み合っていなければ何か生徒が抜ける原因があるかもしれない。

それと研究室は嫌いでも研究が好きな人は院に上がるタイミングで他の研究室に行く。珍しい研究をしていてそこでしかできない場合は別なので、研究室の雰囲気を完全に切り離して研究内容とも比較するのがいいのかも。

5.直接話す

研究室紹介が始まると遊びに来てくれて大丈夫という研究室が出てくる。長い期間自分が過ごす場所になるので、直接その場に入って合うか合わないか確認できる機会はちゃんと使っておきたい。

初対面では当たり障りないように振る舞うと思うけれど、相手が会話の流れをどう持って行くかでその人が何を聞いているのか分かるのでその辺りを基準にする。
雰囲気を読み取れない人と一緒にいると僕は疲れるので、なるべく感性がある人のいるところを選びました。



あんまり参考にならないと思ったこと

・深夜に電気が付いているか
企業ならば大切なことだと思うけれど、大学はコンプライアンス的なものに縛られていないので朝が苦手だから深夜に来ているという人もたくさんいる。実際に話を聞いて分かったことでもあるし、僕も少し経ったら月に2,3回は昼間寝る代わりに深夜向かったりしてると思う。

調べ忘れたこと

・研究室のwifi
DSに繋がらなくて僕は泣いている。