ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

z技って結局どうなんだろう?

最近6thのフレ戦をして思ったこと。それと同じタイミングでタイムラインでz技(あるいは7th)について見かけるようになったので少し関連があるかもしれません。

直前にメインブログで公開した通り、僕はシングルとダブルではどっちのプレイヤーなのか自分で分かっていませんが、今回はシングルをやってきたことにして話していきます。


まず、見えない打点によって負けることが嫌な訳ではないこと。そして僕は7thシングルそのものをかなり面白いゲームだと思っています。
勝てなくてどうこうではなく、世代の違いを考えたりするのが好きなだけといった感じです。




6thと7thの分かりやすい違いはz技とフィールドになると思います。
(フィールドはダブルの話になると思うので今回は触れません。シングルではz技が大事で、ダブルではフィールドが大事だと感じます。どちらにも新要素が大きく関わるみたいなそんなイメージを持っています)

僕は7thシングルをゲームとしてすごい面白いと思っていて、同じようにこの世代が好きな人も多いはずです。
それでもレートからプレイヤーが減ってしまっていることは間違いありません。ということは、7thシングルをつまらないと思っている人が増えてしまったと考える方が正しいようにも思えます。

そんな感じで「どうしてレートに人がいなくなってしまったんだろう?」と思っていたりしたのですが、6thシングルを遊んで少し考えが変わったところがあります。今更ですが、1戦にかかる時間の違いを再確認しました。

あまり7thシングルを理解しているわけではないですが、居座ることを前提として上手く組まれた構築を使わない限りは、クッションを残したりサイクルを最低限は行わないと勝てないことくらいは僕でも分かっているので多分みんな気づいています。
それにz技があることでケアする範囲が広いゲームになってくると思います。上手いプレイヤーほどリスクの重みを正しく判断できるので、勝てるプレイヤーは7thに理不尽さをそこまで感じていないはずです。

その一方でケアするゲームは初心者向けではないとは思います。慎重なゲームを楽しいと感じるのはポケモンに慣れているかポケモンに限らずゲームそのものが上手い人で、そうでなければ目に見えて分かりやすいところに勝敗があるゲームを楽しいと感じると思います。
マリオが穴に落ちるときはジャンプのタイミングに失敗したときで、それ以外の理由がなくて分かりやすいので反省もしやすいです。理不尽さはゲームに関わらずストレスの原因になるはずなので、時間を割いてストレスを感じることをわざわざしたい人は少ないと思います。
z技に理不尽さを感じない段階で最低限ポケモンが上手く、残念ながら楽しいと感じられるここのラインまで上手くなる前にやめてしまう人が多いです。とはいえプレイヤー側に問題はないので、最初につまらないと感じやすいゲームの作りが良くないのかもしれません。
また、思考型ゲームとしてならば将棋と近いと言われることも多いと思います。ですがこちらもルールは分かるけれど敷居が高いと感じている人が多いはずです。好きで動画だけ見ている人が多いのも7thポケモンに似ている気がしてきません?

このような理由でサイクルやクッションを使いながらの長めの対戦を、どこまでケアするかの判断をしながら行うのが7thだと感じています。

時間はターン数とも見ることができますが、ターン数が増える影響はプレイングミスが発生する可能性のある箇所が増えてしまうということです。それに加えて1戦の時間が長く、神経を使うターンも多いはずなのでプレイヤーが疲弊します。時間が掛かることで疲れて、疲れることでミスが発生しやすくもあるかもしれません。



多くの店頭で販売されていて知名度のあるゲームのプレイヤー数はライト層の数によって決まっていると考えていて、ライト層に近いほど疲れるゲームを続けることはできません。(ここでいうライト層は対戦ゲームとして見たときの話なので、全国図鑑を埋めたりアローラフォトで遊んだりするのが好きな人というよりは、実況者や友人の影響で対戦を始めて好きなポケモンを使ってみたり、その人たちみたく強くなりたくていろいろ試行錯誤している人たちのことです)

例えば強い人しか参加していない仲間大会ではレート1500をキープするのも難しいはずで、レートは参加者全体の平均値が1500になるのである意味当然のことです。なので強さの指標として分かりやすいレートを持ち出すならば、どれだけ平均値から離れているかで数値の高さが表れます。

今作のレートが上がりにくい、難しいと感じるのはライト層が減ってしまったことにあると思っています。
ライト層が減ったということ、それと少し別の話になってしまいますが情報量が増えすぎてしまったということ。この辺りからプレイヤーのレベルの分散が小さくなってしまったように感じました。

ポケモンが難しいゲームなのは世代を問わずだと思うので、特別7thがおかしいとは感じません。
ただ、オンラインでいろんな人が遊ぶゲームとしては今作のゲーム性が向いていなかっただけなんだと思います。

最初に書いた通り僕は7thシングルを面白いと感じます。ですが、たくさんのプレイヤーがいてくれる方が話せる人も多くて、いろんな人の考えを見れて楽しいとも思います。
そういう意味でz技のゲーム性が初心者向けではなく、結果的に好きになれない要素として浮かんでしまうということです。7thシングルが好きな人は平均から見て強い人であることが殆どなんですよね…

8thはちゃんとライト層を巻き込んで、いっぱいフリーバトルやレートの配信があってほしいです。ライト層に優しいゲームになってくれたら嬉しいなぁって僕は思いました。