ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

7th総合レート S1〜10

S1
対戦を始めるとRPGとしてポケモンを遊ばなくなってしまうと感じているので、図鑑を埋めたり写真を撮ったりフェスサークルのミニゲームをしたりして遊んでいました。


S2
シングル 2055
ダブル 1928
スペシャル 1796
WCS 1945
最終4位 7724

順番:20-18-18-18→WCS→シングル→ダブル

シーズン1はほぼレートに潜っていなかったので全てが初めてだったシーズン。前作で最終1ページ目に残れたとき嬉しかったので新作でもやりたいと思っていましたが、前作では既に人が減り始めていたときでした。
1番人が多いと思われるシーズン2に1ページ目に載ってみたかったのが大きな理由でもあります。

実際にシーズン2は単ルールだけでなく総合レートも活発で全く付いていけていませんでした。
7500で足りないなら無理、7600で足りないなら無理とずっと言いながらやっていたと思います。

それとこのシーズンに詳しい人はこの最終4位はいろいろ起こった結果なのが分かりますね。最終6位です。


S3
シングル 2008
ダブル 1933
スペシャル 1733
WCS 1901
最終3位 7575

順番:スペシャル→WCS→ダブル→シングル

6zシングルという目に見えた地雷がその通り爆発したシーズン。1733で24位というめちゃくちゃなルールで、間違いなく7thで1番酷いと思います。
また、スペシャルに限らずすべてのルールで人が減ってしまい、どのルールも伸びにくくなったように感じました。

この2つが重なって総合レートも人が少なかったですが、1位争いが面白かったシーズンでシーズン5に繋がるところもあって見ている分にはわくわくしました。
最終3位とは言っても4位の人には負けてますし、最終日付近に予定が重なっていたのもあって(2位と大きく離れているので順位的には何も関係ないですが)、いろいろと消化不良で終わってしまいました。それでも3位は初めてだったので嬉しかったです。


S4
シングル 2007
ダブル 1954
スペシャル 1915
WCS 1854
最終3位 7730

順番:スペシャル→シングル→WCS→ダブル→シングル

61シングルのシーズン。前作の61シングルはまともに潜ってなかったので、今作はちゃんとやってみたいと思ったのが始まりです。たまたま1900を越えることができたので結局そのまま総合レートを始めました。

シーズン2,3とは違って素直に最終3位を取れたこと、ダブルでガルーラスタンをちゃんと動かせるようになったことが嬉しかったです。

ちょっとだけ残念なところがあるならせっかく1ヶ月以上残してシングルが2000に届いていたのに、そこからよく分からなくなって再度2000に戻したときには力尽きてたこと。それでも最終日のダブルバトルの上位3人を見てるのが楽しく、1,2位と同じ77で終われたこともあり印象に残っているシーズンです。


S5
今思うとシーズン3と4の2位対決!
どちらのシーズンも何度か1位と2位が入れ替わっていたシーズンだったのですが、今回も最後に入れ替わっていたすごいシーズンになっていました。1位争いという意味では最も白熱していて、7800対決にまで上がっていったのはこの2人だったからこそだと思います。どちらもお疲れ様でした。


S6
とは言えこちらも面白くなっていたシーズンです。S1〜S5の総合レートに参加していたプレイヤーが比較的少ないながらいろんな人が参加していて、最終1位争いが盛り上がっていた印象があります。
サンムーンはここまででしたが、どのシーズンも1位のプレイヤーは強さが抜けていると感じました。


S7
シングル 2048
ダブル 1858
スペシャル 1517
WCS 1784
最終9位 7207

順番:シングル→スペシャル→WCS→ダブル

よく考えたらこっちのスペシャルの方が酷いルールでした。ルールすらよく覚えていません。

このシーズンは残り3日からシングル以外を潜り始めています。シングル2050付近で潜り続けて満足してしまったものの、最終日付近の盛り上がりを眺めているとポケモンがしたくなってしまいました。
スペシャルの影響で最終1ページ目ラインが7200と低かったこともあり、間に合ってくれる気がしてしまったことで始めています。

シングルはいろいろと思い出がありますが、総合レートに関してはなんとなく終わってしまい参加した感じは残っていません…


S8
1位が7600を平然と超えてるおかしなシーズン。彼はここからシングルを2000に乗せれるようになり、完全体になった気がします。


S9
シングル 2008
ダブル 1801
スペシャル 1803
WCS 1801
最終3位 7413

順番:スペシャル→ダブル→WCS→シングル

対戦回数でごり押ししないことに決めてやってみたシーズン。初めての2桁敗戦フィニッシュなのでそこはよかったと思います。
62ダブルの考え方をダブルに持ち込んでみたら立ち回りが安定して、s4よりは落ち着いたダブルができるようになった分岐点でもありました。

7500が全く見えなかったので7400でやめています。シングルとWCSはここから上がる気配がしなく、スペシャルは終盤潜るにはあまりにもリスクが大きかったので残りはダブルですが、ここだけ+50しても意味がないかなと感じてしまいました。
とはいえシーズン2,4の頃なら潜っていたと思うので、前ほどの熱はなくなっていたような気がします。

このシーズンの最終1位もとても強い。サンムーンなら7800くらいになる気がします。


S10
シングル 2010
ダブル 1921
スペシャル 1803
WCS 1829
最終4位 7563

順番:スペシャル→シングル→WCS→ダブル

さかさダブルの環境が固まりすぎていたので少し違うパーティで潜りたかったシーズン。
スペシャル1800に到達した頃、まだ2週間経たないくらいなのに総合レート1ページ目に知っている人たちがたくさんいたので混ざりたくて参加しました。

シーズン9はダブルだけ潜りきれていなかったので1850くらいを目安にして、7500の逆算でwcsを1830まで伸ばすことにしました。

結果的には7500だと低いシーズンになってしまいましたが、追っていく過程でダブルが1900に到達できたことはよかったです。

最後は総合4位がほぼほぼ決まっていたのでダブル1ページ目に切り替えてみましたが、とはいえ他3ルールのことも考えると1900を切っては終わりにくく、結局なかなか潜ることができずに最終日の6時に1戦だけ勝ったものの11位で終わってしまい、どちらも中途半端になってしまいました。






ここまでの10シーズン楽しかったですが、総合レートとしては実質3ルールになっていることはとても残念に感じます。
次は期間を開けて、WCSルールが全国ダブルから変わってくれたときくらいにやりたいです。




2位が遠い😢女子高生レート勢でした 。