ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

りでぃーすーる

*iPhoneからなので画像が大きいです 気が向いたら直します


ポケモン自体は今でも使いたいパーティがたくさんあるくらいには楽しいのですが、のんびりできるゲームをもう1つ平行してやりたいなぁとずっと思っていて、新しいゲームを探していましたがなかなかしっくり来ませんでした。

条件に当てはまるのはアクションゲームだと思って探していたのですが、分かったことはむしろアクションゲームの方が頭を使ってしまうということでした。
splatoonがその例になっていて、エイムの要素が必要なのはS+からでそこまでは立ち回りだけで成立してしまう印象を受けています。

むしろ慣れていないゲームは経験で処理できる状況が少なく、それならば絶対にこの技しか選んではいけないターンみたいなのが見えやすいおかげで適度に頭が休まっているポケモンの方が空いた時間にやるゲームとしては合っているように感じてしまいました。



そんな感じでまたポケモンばかりしていましたが、久しぶりにしっくりくるゲームを見つけました!
リディー&スールのアトリエというゲームです。

mkwやポケモンのような対戦ゲームにハマってから長いですが、初めて個人で遊ぶゲームに熱中しているような気がしてきます。



好きになったところ
1.キャラクターを重視している
これはアトリエシリーズ全体での良さです。"敵を倒す(+強くなる)"ということを軸にしたゲームだと、そもそも何をもって敵としてるんだろうとか、どっちが正義なのか分からないよなぁっていう感覚を持ってしまうので、心のそこから世界に入って行きにくい感じがあります。

そういう意味では自分たちで違う世界に向かって冒険するというよりも、自分たちの世界が危機になってそれを止める(好きなゲームだとスーパーペーパーマリオとか)といったストーリーだと主人公たちを応援したくなって、そのまま作品自体を好きになることが多いです。

今作は"国一番のアトリエになること"が主人公姉妹の目的なので感情移入がかなりしやすくてとても好きな雰囲気です。まだまだ小さな姉妹の成長物語を観ているみたいで話に夢中になっています。



最初は不思議な世界からのスタートになっているので話の軸をぼやかされていたのですが、開始2,3時間くらいでこのシーンを目にすることになり、この子たちの目的を知ることになります。無邪気で純粋な女の子なのに想いはしっかりしているこの姉妹はかわいくてかっこいい。



2.作業感が過去作に比べて少なく感じる
過去作といってもアーランドシリーズなのですが、割と期限に追われてて効率を重視しながら業務をこなしていく感覚から僕は抜けられませんでした。
普段遊んでいるゲームがかなり作業量の多いものなので、それをしないときに遊ぶゲームとしては選びにくいところがありました。

今作も買う前にそこがかなり心配だったので、アトリエシリーズを比較してくれているブログなどを読んだりして調べてみました。すると不思議シリーズは時間制限がなくなったりと初心者向けの変更が多く行われていることを知りました。

少しだけこれが後押しになって買ってみて、実際にやってみたところ今作はとても快適に遊べています。
僕がほぼ初心者なので過去作の良さを理解できていない可能性は高いですがこの作品を単体として見るならば、作業をしているというよりも新しいアイテムを作りたくて自分から回収しに旅をしたくなる感覚です。
時間に追われていないだけで、これも作ってみたいとかもっと優れた性能にして試してみたいとか夢が広がっていくのでとても楽しいです。



3.リディーとスールの純粋さ
僕らも年齢を重ねるに連れて関わる人の年齢も上がっていってしまう訳ですが、それと同時に他の人の素直な姿を見ることは難しくなりました。今はSNSの時代であったりもするのですが、常に何かを競い合ったり評価の為に動いているように見えてしまってとても疲れます。というよりみんな疲れないのか僕は心配ですし、疑問です。どちらかというと周りが基準になってしまい、自分は何を感じているのかというところが蔑ろになっている気がします。

しかしながらそのような環境の中にいても純粋な気持ちを持つことは難しく、それよりは作品に入り込むことで感じ取りやすくなると思っています。


リディー&スールのアトリエは子供らしさが前面に押し出されていて、何より2人からは無垢な純粋さを感じ取れるのが素敵な作品。

お母さんの約束を大切にしているところだったり


呪われてしまうことを怖がっていたりする細かい発言や表情の動き方がとても癒されます。本当に可愛い。

リディーは年齢以上にしっかりしていて落ち着いている子なのですが、そんな彼女が困ったときにちゃんと励ませるのがスールだったりして、途中他の登場人物に言われていた「2人で1人」というところもかわいいです。


ゲームとしても最近遊んでいないタイプで懐かしい気持ちになりますし、ストーリーそのものとしてもいつまでも忘れないでおきたくなる気持ちを教えてくれる、今の時代だからこそたくさんの人を幸せにできる作品なのかな?と思いました。

なるべくネタバレしないように書いてみたつもりです。とても面白いのでのんびりした雰囲気のゲームが好きな人には遊んでみてほしいなと思っています。







"勝利のポーズ 〜スール〜"のBGMとそのときのスールがこのゲームをしていて好きなところです。


また強くなっちゃったみたい!