ことりちゃんにないしょばなし

サブブログ 検索の邪魔だったらごめんなさい

45

お疲れ様でした。感想記事です。
だらだら書いたのを見返したら順番めちゃくちゃだったので、上手く飛ばして読んでくれると助かります

2015に39戦潜った以来まともに参加してなかったのですが、今年は好きなパーティが見つかったので参加していました。1ロムのみでの参加です。



まずは上をほとんど引けませんでした。1650くらいから1690を2人引いたくらい。そもそものレートが低くて1700以上はいるのか分からなかったです。

ボーダー気にせず潜りたくなってしまい、それが今回の本当の楽しみでしたが、その為にはボーダー以上のレートまで行かないといけなかったので1730くらいは行きたかったです。
結局ここまで行けなかったので、ボーダーとか気にするプレイヤーではありませんでした。


使ったパーティはもちろんちょーくえふ(検索回避)。偽装や一部のポケモンを変えたものではなく、ちょーくえふとして使いたかったので純正に拘りました。

レートで使っていた感じは弱いとは言えないパーティ。今回の大会も前半まではちゃんと強いと思えていましたが、後半どうしても弱いところが見えてしまったのが残念でした。

こっちがるーらかぷれひれ、相手ぐろすらんど
この盤面でどうしてらんどが居座ってこれるのかが分からない… 3回発生して全部居座られています。

といっても、いくら普通ならしないとは言え無視してる上でどうこう言うようプレイヤーはそれはそれで違うと思っています。なので全てねこだましからスタートしていました。

ですが同時に、らんど居座りを前提とする立ち回りをするのはむしろ後半体力の管理が厳しくなり、手数が足らなく択になる原因になると考えていました。つまり僕はねっとうではなくだくりゅうを選択していました。すべての対戦でらんど方向に外れました。


僕が感じたこと、書きたいことは運が悪かったから怒っているとか萎えているとかそういうことではありません。このブログを読んでくれてる人はなんとなく分かってくれるかもしれないですが、見かけ上の運負けはどこかに運ではない原因があるはずということ。
85%を前提とした強い立ち回りはやっぱり間違っていたと感じました。いろいろと気づくのが遅かったですが、今回のためにポケモンをしている訳ではないので新しく見直すところが見つかってよかったです。



ちょーくえふのがるれひれスタートは多くのパーティに選出で有利を取りやすく、その後のサイクルを考えても明確に不利になる状況はあまりありません。
例えばぐろすと対面したならばらんどに引くのではなくどらんを経由する。氷技を合わされるのを1ターンずらして、どらんからすぐにらんどに引く。4匹バラしてしまうけれど、これなららんどが事故死することもなくて穏やかに遊べる。

そう思っていましたが、相手が分かっていない(ねこ無視でとんぼスタートする)ところまで考慮したときに、こちらが放つ技が低命中だったのがとても弱かったです。
あるいは、ちゃんとねっとうからスタートして体力を最後まで管理しきれる自信がなかったプレイヤーが弱すぎました。

立ち回りは構築にも依存するから、もしかしたら僕のちょーくえふの組み方がおかしかったのかもしれないです。そんな感じで30戦目くらいからいろいろとよく分からなくなってしまって、ちょーくえふのことすら分からなくなってしまったところで終わりました。


対面操作枠ががるーらのおかげで、ほぼすべてのポケモンが勝ち筋になれるところががるーらスタンのいいところだと思っていました。エースを立てる訳ではないので、多少の事故はプランを変えることで巻き返すことができるからです。(がるーらで補助する、がもすやかぐやを入れる展開形はまた違った構築に分類されると思います)

ですがこれは逆に勝ち筋が見えにくいことにもなります。分散しすぎていて、どこの体力を残してどの順番に切ればいいのかの正解が分かりにくい。

勝ち筋の分散が行えているパーティは、プレイヤーが勝ち筋を見えるようになれば本当に負けないパーティになれるはず。

メタの対象を回避できていて、数値が高く、勝ち筋の分散が行いやすいパーティ。だからちょーくえふは強いと思っていたけれど、思ってた以上に動きを制限されて体力の管理が厳しかったです。という感想は、ちゃんと動かせている人じゃないと出せないことを知っているのでちょーくえふが難しいです。

立ち回り勝負に持ち込むぐろすやがるーら系統は、プレイヤーが原因のことが多いです。パーティが原因で負けてると言い出す前に、ちゃんと動きを理解する必要があるはず。
どこまで出来れば理解していることになれるのか分からなくて、結局ちょーくえふは強かったのか弱かったのか分からなくなってしまいました。

プレイヤーが弱いのかパーティが弱いのか。ことりちゃんが先かタマゴが先か問題と同じです。
こういった意味でプレイヤー部分の可能性を排除しやすいげんがー軸は考察するのはとても面白くて人気があるのかも。





それでも、強くないのに勝手に撤退するのも違う気がして45戦潜りました。強い人なら負けが込むと突破の可能性がなくなって萎えちゃいそうだけど、もともと突破できる人ではないから萎えるのも違うかなって。

2-1ペースは超えて終われましたが、最終は1650ちょっとだったと思います。通常レートの方も70%くらいで1800に乗れた感じなのでほぼ同じでした。
こういう大会にはあまり参加してこなかったのですが、やってみたら面白かったです。

ちょーくえふ、難しかったけど楽しかったです!

勝率50%より勝率70%

勝率50%の人より勝率70%,80%の人の方が白熱したと感じていた

という感じの内容を最近ツイッターで見かけました。海外の実験結果らしいです。

これに対する反応が「勝てる方が面白い」ということばかりだったのですが、個人的には少しだけ引っかかりました…
「勝てなくてもゲームは面白い」とかそういうことではなく、勝った負けただけで終わる話ではないような気がします。


そもそも、勝率が偏りすぎる相手ではどれだけ勝っても面白さは感じないはずなので、ある程度の範囲に勝率が収まるゲームでこの話が成り立ちそうです。

プロとアマチュアがやったら100%と0%になりますがこれに意味はなくて、例えばポケモンのように30%〜85%程度になるならば50%の人と80%の人で感想を比べたとき意味のある結果になると思います。


このようなゲームに参加している人は、勝率100%の人がいないことでスポーツのような天性の才能の差はないことをなんとなく認識していて、逆に全員の勝率50%になっている訳ではないことでプレイヤーの影響力があることもなんとなく認識しています。
ということは勝率を気にするくらい真面目にこのゲームに取り掛かる人は、技術か思考を変えれば勝てるようになるということ知っています。

勝てた人は自分のしたいことが間違っていないと気づけたから楽しいはず。そして同時に、勝敗がランダムに決まっているのではなく、プレイヤーに依存していることを自分を通して理解できるのでフェアだと感じているように思えます。

一方勝率50%の人たちですが、彼らはおそらく負けた次の対戦で自分の技術や思考を変えるのを繰り返していて、結果どれを行なっても勝ちが安定しなかったので面白さを感じにくいのかもしれないです。「自分はいろいろやったのに何故か勝ってる人がいる。これは偶然勝ち方を見つけただけだからフェアじゃない」とかこんな感じ?
そういえば7thシングルはみんながフェアに感じていないからどこか殺伐としてるのかな?

また、勝率が高いプレイヤーは技術や思考などのミスを客観的に感じ取る機会が減ることで、ストレスを受け取る回数も減り、楽しく感じやすいようにも思いました。



×俺が強いからフェア!
◯プレイングスキルに勝ち負けが依存してるからフェア

×勝てないからつまらない
◯自分の欠陥に気づかされるからつまらない

1ヶ月たって

f:id:Talonflame_175:20180425022007j:plain

4週間前の水曜日に発売されたCD。

ブログの名前で誤解を受けそうです…
特定のキャラクターにスポットを当てる繰り返しをしていることが多く、今はことりちゃんの期間という感じです。

1週間の記事にも書いていた気がしますが、CD発売前まではかよちんのsololive2をずっと聞いていました。そこからスポットが動いてしまったのもあって、かよちんには手が回っていなかったりします。


2期5話が好きでよく観ているのもあって、どんなときもずっとは凛ちゃんのバージョン。ミはμ'sicのミは生放送で振り付けをしていた印象が強くて希バージョンが好きです。

それにしてもsolo3のことりちゃんはずっと聴いてられそうなくらい心地いい。この調子だとなかなか他のキャラクターに回って行かないかも…

ラブライブ好きな人には本当におススメできるいいCDだと思います。

初心者にポケモンを教えるときどうしよう

先月と今月にかけてポケモン対戦やってみたい初心者(というより、対戦に興味がある人?)と話す機会が多かったので書いてみます。


・難しい言葉は使わない
これはポケモンに限らず相手が知らないことを話すときにしたいことです。
とにかく専門用語は混乱の原因になるから使わない。相手のことを知っているならその人に伝わるイメージで話すのがいいと思います。
役割集中とか対面構築とかそういうのは後回しにしたいです。

でも、原理的なところを話してもらった方が理解しやすい頭のいい人もいるので、相手が求めてる情報量を話しながら探りたいです。(知識のある側ならそれを理解できるはず)


・最初から強い人に接触させるのはやめる
ツイッターで強者をフォローさせまくるとかは反対です。勝てないと疎外感を覚えてしまったり、能力がないと錯覚を起こしやすく疲れる原因にもなってしまうような気がします。
初心者はなるべく同じような初心者の中で行うか、勝つこと以外に理解がある人のところで始めさせたいです。

これは考えが違う人がかなり多いと思いますが、僕としてはゲームに時間を使うのは楽しさを感じる為だと考えているところから来ています。
全然勝てなくても楽しいならそれで正解だと思う。逆に勝てないのが原因でつまらないなら勝てると楽しくなるので、そこで初めて勝ちに行く理由が生まれるかも。


・軸のポケモンは好きに決めさせる
今は環境的にこれが強いとかよりも、使いたいポケモンを優先して自分で考えさせる。
「このポケモンのこの型が強い」といった感じで押し付けても、その仕組みを理解するところまで最初から向かえる人はそういない(ここまでやる気があれば勝手に上手くなる)ので、好きなポケモンを活躍させたい気持ちを大切にする。
どうしても厳しいところが見つかったらそのまま放置も良くないので、それは言った方がいいのかな。

それと別の方向から忘れやすいことは、強いポケモンを使ったならば勝つ必要が出てくるということ。
ある程度対戦慣れしてる人ならば前期上位のパーティを知っています。そのままでは勝てないことも知っているけれど初心者はそうでもなく、使えば勝てると思い込んでいます。

勝てるはずのパーティで勝てないなら、原因はプレイヤーになってしまうんですよね…
もちろん初心者なので側から見たら間違っていないのですが、その人からしたら意味が分からない状況になってしまいます。「どうして1位のパーティなのに勝てないんだろう…」

これでもモチベーションが消えてしまうのが少しだけ僕は怖いです。

それに7thは6thよりもキャラクターゲームよりなのでそこまで不利を取らないはず。とりあえず大事なことは楽しいと思って潜ることなので好きなポケモンから使う。


ここからは対戦部分

相手が混乱してないか確認しながらタイミングを見て、理解できそうなときに教えたいようなこと

・3匹のHPの価値の違い
「AはBに引くと交換読みのリスクがあるのでAは居座るしかない」
考えてるかは別にして、こういう動きが多いように感じています。

ポケモンごとにあるこれ以上減ってはいけないHPラインがあることを知らないまたは意識していないのが原因かもしれないです。

たとえばなし
こっち ポッポムックルヤヤコマ
あいて メガボーマンダ

アイテムがないなら負けが確定する。理由は上から全員1撃で倒されるから。


たとえばなし2
こっち エンテイライコウスイクン
あいて スカーフガブリアス

スイクンが7割削れるとさっきのふざけた話と同じになる。
この対戦ではスイクンのHPは必ず残さないといけないので、スイクンは他のポケモンと殴り合ったとき相手を倒せてもこっちまで削れたら意味がない。

有利なポケモンに交換する/不利なポケモンが来るのを読む
ということではなく、HPを残さないといけないポケモンがいればどれだけ有利でも必ず交換しないといけないことを伝えるのが最初にしたいことに感じました。

それっぽく言うなら初心者ほど自ら役割集中されに行く傾向が強いということ。
対面の有利不利に囚われてる感じがありました。殆どはこれで、それかダメージ感覚がないかのどちらかです。



起点回避とかよりもこっち優先かな?これが分かれば少しは立ち回りを考えたりするのが楽しくなりそう。

積まれて負けるパターンは自分でも原因に気付きやすいと思うから、何故か一貫取られてる状態を気づかせてあげないとね!

一人暮らしに向けて簡単料理を覚えよう!

手間いらずの簡単さで、お金をあまり掛けずに料理を作りたい!

ですが限界まで安く済まそうと考えると栄養バランスが悲惨なことになります。レンジで温めるだけシリーズやお湯を入れるだけシリーズよりは健康を気持ち意識して行きましょう。

画像リサイズしてません。スマートフォンから見た方がいいと思います。

朝食:目玉焼きトースト

1.フライパンで卵を焼く。

卵を落として火を通します。

2.食パンを温める

僕は柔らかい方が好きなので表面に軽く焦げ目が付くくらいまで温めて引き上げます。

3.何か塗る

今回は賞味期限の問題で早く使い切りたいマヨネーズを使いましたがいろいろいけると思います。メープルシロップとかも相性がいいです。
塩胡椒を振るのでも大丈夫だと思います。

4.完成

朝なのでこのくらいしか入りません。
昼食・夕食のところで肉を使いますが、そこで使い切れなく余っている場合は食パンと一緒に肉も焼いて卵と食パンの間に挟み込みます。

卵が余った場合はうどんを作るときに使ったり、ゆで卵にしてそのまま食べます。

今日もパンがうまい!

昼食:肉巻きポテト

1.冷凍フライドポテトを炒める。

油は処理が面倒なので使いません。先に3枚くらいの肉をフライパンでひたすら転がして油を表面に回します。
その後フライドポテトを全投入して柔らかくかるのを待ちます。

2.肉を炒める。

肉はすぐに火が通るのでフライドポテトが食べれそうになってから全投入します。

2-1.100円で買ってきた調味料を投入する。


味の種類は食べた感じどれでも誤差なので、とりあえずその日の気分で混ぜるだけシリーズとして売られているパック式の調味料を入れてみるとより美味しくなります。大体2,3袋に分かれているので1回+30円くらい。

3.デミグラスソースを投入する。

ケチャップとソースを1:1くらいの割合で入れるとそれっぽくなるのでそうします。後はひたすら混ぜます。

4.完成。

後は肉とポテトを一緒に食べれば大体肉巻きポテトみたいな感じです。ハンバーグ用の粉を入れてデミグラスソースを使っているのでポテトはファミレスとかの予想つく味だと思います。美味しい。

夕食:カレーライス

1.じゃがいもを入れます。

偶然切ってあるじゃがいもを持っていたのでこれを使います。
入れるところから写真を撮っていたら間違えて全て鍋に落ちてしまいました。完全にやらかしましたが仕方がないのでこのままやります。本当はもっと少なくていいです。

2.肉を炒めます。

ここまではさっきの料理と同じ材料です。いろんなものを買ってしまうと冷蔵庫に食べ残しが溜まり、一人暮らしだと最後まで消化できないことがよくあるのでなるべく少ない種類の買い物にしたいです。

3.水を入れる

今回の作り方ではルーの箱に書いてある量よりコップ1杯分少なく入れます。

4.野菜を入れます。

野菜も最初はちゃんと入れていたのですが切るのが面倒なのと高すぎるので野菜ジュースで代用します。(野菜ジュースを使っているカレーのレシピは調べるとちゃんと出てきます)

コップ1杯程度入れるので水を少なめにしました。また、かなりの量の野菜ジュースが残るので余りはその日の飲み物として使えて無駄がありません。

5.ルーを入れる

違いが分からないのでその日輝いて見えるものを購入して投入します。
今回は層になっているものを買いましたが、野菜ジュースが浮き出してきてしまうのでスパイスが弱めのものを選択した方がいいかもしれません。

6.ポケットモンスター

#100戦ごとに火加減チェック

7.完成

何も切らずにそのまま入れた割に結構それっぽい。味も結構それっぽいです。

ルーだけとかのカレーを食べていた時期もありましたがすぐに飽きました。ですがこのくらい具材が入っているとそこまで飽きが来ない感じです。

カレーに入れる冷凍ポテトは波打ってる形のやつだとすぐに砕けて、カレーを食べているのかでんぷんを食べているのかよく分からない不思議な味がするので気をつけてください。




意味が分からないので終わります。

研究室の選び方をちょっとだけ

とりあえず自分の研究室選びが終わったので意識していたところとかを覚えてるうちに。正解は一年後なので合ってるかは僕も分かりません。

1.教授の人柄(そこから来る先輩の顔色の良さ)

一番大事だと思う。講義で単位をくれるとかそういう基準だと生徒に関心がないパターンもあり、そういう研究室に入ると優秀な生徒以外はスケジュールで失敗しやすいかも。

もしも自分が困ったときにその人なら聞けるかどうかを基準にして、それが無理そうならやめた方がいいはず。そもそも話せると思った教授ならば、卒業などが危なくなる前に教授が気づいて助言を出してくれる傾向はあると思う。

それとこれはとあるプロ野球の監督が言われていたことだけど、「怒った時にその人の性格が出る」というのは頭に置いておいた方がいい気がしていて、どういう怒り方をするのかを見て合うか合わないか判断するのもいいと思う。こちらに答えを探させるタイプなのか、自分が絶対だと考えているタイプなのか、 別の方向なら理論的に考えることでヒューマンエラーを認められないタイプなのかとか。

先輩が教授のご機嫌を伺っているようなところは、何らかの原因で怒らせたくないということになる。自分も同じように教授の顔色を見て生活することになり兼ねないのでこういうところは無意味に精神が疲れるかも。

2.先輩の仲の良さ

これの基準は自分で決めないとダメかも。仲が良いほど自分に合うのかは「アットホームな雰囲気」という言葉で伝わってほしい。
僕の場合は時間を拘束し合う空間が好きではない反面、人と話したり交流を持つことは好きなので話したいときに話せる雰囲気を探していた。

研究室でやってくれる研究室紹介のときは教授やそれに携わる生徒の説明ではなく、紹介に参加していない後ろにいる院生が友達とどんな会話をしているかを見る。スマホ弄りながら雑に話していたり、隣り合って座っているけれどお互いに無言で別のことしていたりするとか。
これらを確認できたことで選択肢に入れた研究室が何個かあった。

3.卒業研究の発表人数

卒業研究を研究室から何人が発表しているかと、そもそもその研究室にはどの学年が何人いるのかを調べる。
もしもB4が10人いるはずなのに卒業研究が8人しか行われていないなら2人は卒業できていないことになる。

理由は各自が責任を持って研究に取り組む必要がある自由な研究室だったか、研究室に行くことができなくなってしまったか。
前者は自分の能力と照らし合わせることで大丈夫かどうか判断が付く。僕もそうだけどサポートが必要だと感じたら放任すぎるところは回避。
後者は人間関係(というより人との相性)などが原因になると思う。この記事の前半に書いたような内容なども合わせたいけど、こればかりは時間の経過で分かるところもあるので少し運が絡むかも。

4.修士課程への進学人数

研究室の居心地が良くても学部で就職する人はいても、研究室の居心地が悪くて修士に行く人はいない。
複数の学年を遡って調べて、年によって変動が大きいなら問題はなく、逆に毎年少ないならば少し考えた方がいい。

就職担当の教授がいるところならばアドバイスがしやすいので後回しにすることなく就職して卒業することにもなる。なので少ないから必ず良くないとかではなく、教授の考えと照らし合わせてみて噛み合っていなければ何か生徒が抜ける原因があるかもしれない。

それと研究室は嫌いでも研究が好きな人は院に上がるタイミングで他の研究室に行く。珍しい研究をしていてそこでしかできない場合は別なので、研究室の雰囲気を完全に切り離して研究内容とも比較するのがいいのかも。

5.直接話す

研究室紹介が始まると遊びに来てくれて大丈夫という研究室が出てくる。長い期間自分が過ごす場所になるので、直接その場に入って合うか合わないか確認できる機会はちゃんと使っておきたい。

初対面では当たり障りないように振る舞うと思うけれど、相手が会話の流れをどう持って行くかでその人が何を聞いているのか分かるのでその辺りを基準にする。
雰囲気を読み取れない人と一緒にいると僕は疲れるので、なるべく感性がある人のいるところを選びました。



あんまり参考にならないと思ったこと

・深夜に電気が付いているか
企業ならば大切なことだと思うけれど、大学はコンプライアンス的なものに縛られていないので朝が苦手だから深夜に来ているという人もたくさんいる。実際に話を聞いて分かったことでもあるし、僕も少し経ったら月に2,3回は昼間寝る代わりに深夜向かったりしてると思う。

調べ忘れたこと

・研究室のwifi
DSに繋がらなくて僕は泣いている。

1週間たって

f:id:Talonflame_175:20180405025946j:plain

前からずっと楽しみだったことりバージョンのNO EXIT ORIONがとても好き。ユニットで楽しみだったソロは他にFuture styleや春情ロマンティックなどもあるけど手が間に合っていません...

元気で明るい曲は昼間に予定の合間を縫って聴いていることが多くて、時間がある夜にゆったりした曲をループさせているから結構偏ってるかも?


sololive2まででも何年も楽しかったのに、3で曲がまた増えてくれたからこれで一生楽しく過ごせるはず。
たまたま時期的に今はことりソロを聴いているけれど、また半年や1年くらいしたら違うキャラクターのソロを聴くようになっていたりするのかな?
2017年は花陽や希が多かった気がするし、2016年はにこ、2015年は海未だったかもしれない。

特定のキャラクターということではなく、この作品自体が好きなので27枚のCDを買えてよかったと思えるし、何より僕の時間があるうちに販売してくれて嬉しかった。


ラブライブだけでなく全体的に好きなものがあまり変わらないけれど、新しいものを好きになることに抵抗があるというより、今まで好きだったものを乱雑に扱ってしまうことが苦手なんだと思う。好きなことに使った時間を否定したくないみたいな。

せっかく好きになれたのに興味を失って忘れたりはしたくないから、10年後もこのCDが好きでいてくれたら嬉しい。